おうち時間をもっと楽しく!
大阪・北浜『ABITACOLO』発
冷凍クッキー生地の通販

おうち時間をもっと楽しく!大阪・北浜『ABITACOLO』発冷凍クッキー生地の通販

外出自粛でおうち時間が増えた昨今。今までできなかったことにトライしようと、お菓子作りにチャレンジする人も多いのでは?そこで、家でも気軽にレストラン・クオリティのスイーツ作りを楽しんでもらおうと、北浜のイタリアン『ABITACOLO(アビタコロ)』が冷凍クッキー生地の通販をスタートした。

南大阪は河南町出身のシェフ・植松将太さんが、地元野菜をふんだんに使って仕立てるコースで人気の『ABITACOLO』。ランチとディナーの間には、パティシェの柳田芽衣さんが腕を振るうアシェット・デセールのコースも用意されていて、近隣のマダムなどスイーツ好きに評判だ。


オーナーシェフの植松将太さん(左)と、パティシエールの柳田芽衣さん。

5月下旬、かねてから計画していた通販サイトを急遽前倒し、スイーツをメインにした「2ORE(ドゥエオーレ)」をオープンした。
「お客様から、店に食事に行く機会が減って淋しいという声を聞き、ご自宅でひと味違うスイーツが作れたら、おうち時間も楽しくなるし、美味しいものも食べられると思って立ち上げました」と植松シェフ。

まずは焼成前のクッキー生地の冷凍販売からスタート。これは「焼きたてが一番美味しいから」との理由から。シート状のクッキー生地は型で抜いて焼くだけ。また、筒状に仕上げたアイスボックスクッキーの生地は、適当な厚さに切って焼き、お好みで飾り付けをすればOKという手軽さだ。

「近頃はネットでなんでも買える時代だからこそ、あえて半完成品にこだわり、親子や家族で一緒に作る楽しい『時間』と、焼きたてのお菓子の温度や香りを届けられたらと」。


材料は、レストランで使っているものと同じ。卵は国産飼料で鶏を育てる河南町「タナカファーム」の有精卵、カカオはペルー産のアマゾンカカオ、砂糖は奄美のきび砂糖など、こだわりの素材を用いている。


現在、冷凍のクッキー生地は、抹茶、紫芋など4種類。
注文に応じて作る完全バイオーダースタイルなので、受注から発送までは3、4日かかることも。クール便(冷凍)での販売のみ。

サイト名の『2ORE(ドゥエオーレ)』は、イタリア語で2時間のこと。準備から生地を休ませる時間、焼き時間、後片付けまでにかかるおよその時間をイメージして名付けた。

冷凍クッキー生地は1枚(220g)、2090円(税込・送料別)。月間の目標を約150枚とした。主にネットやSNSのフォロワー、レストランの顧客をターゲットに販売をスタートして約4ヶ月。「正直なところ目標到達にはまだまだ。顧客からは、完成品のクッキーも販売してほしいという声も多いので、今後はターゲットをもっと広げ、新たに焼き菓子の販売もしていこうと思っています」。

まずはクッキーの美味しさを知ってもらい、そこから「プロの味がおうちでも簡単に作れるという流れに繋がれば」と。また、お菓子の詰め合わせやプレゼント用のパッケージなど、少しずつアイテムを増やしていく予定だという。

サイト内の動画では、軽快なBGMに乗せて小さな女の子が、届いた冷凍クッキー生地の型を抜いて焼き上げ、お片づけをするまでの様子が流れる。楽しそうにお菓子を焼くこの少女、実はシェフのお嬢さん。その愛くるしい笑顔やほのぼのとした空気も、おうちでのクッキー作りへの挑戦をやさしく後押ししてくれる。(撮影・文/柴田くみ子)

店舗情報

【住所】大阪市中央区道修町1-3-3 戎道修町ビル1F
【電話番号】06-7710-6616
https://2ore-abitacolo.jimdofree.com
Instagram(@2ore_abitacolo

おうち時間をもっと楽しく!
大阪・北浜『ABITACOLO』発
冷凍クッキー生地の通販

この記事をSNSでシェアする

おうち時間をもっと楽しく!大阪・北浜『ABITACOLO』発冷凍クッキー生地の通販

あわせて読みたい