大胆割引きで世界の生産者を応援。
大阪『ワッシーズ 中之島店』の
ワイン・アウトレット

大胆割引きで世界の生産者を応援。 大阪『ワッシーズ 中之島店』の ワイン・アウトレット

大阪・四天王寺と中之島に店舗を構える『ワインストア ワッシーズ』は大阪屈指の名門ワインショップ。話題の新興産地もいち早くフォローするグローバル&リベラルなセレクトと、オーナー・鷲谷良亮さん自ら店頭に立っての、親身で的確なお客へのアドバイスで、プロからビギナーまで絶大な信頼を持つ。

アウトレットでも、
美品だけをラインナップ。

"アウトレット"と聞くと、ファッションに詳しい方は「縫製ミス、小さいキズ、シーズン落ちなどをディスカウントして売る店?」と思われるはず。ゆえ、まず冒頭で(少し声を大きめにして)お断りしておきたいのは、この『ワッシーズ 中之島店』に並ぶワインは、キズもラベル汚れも(もちろん液漏れも、熱劣化も)無縁。むしろその真逆で、ディスカウント可能な約300アイテムの中からスタッフが"美味しさ第一"で150種類を選び、その中からさらにワイン・ラヴァーにインパクトとサプライズがある銘柄、50種類を店頭にディスプレー。値引き率は、基本ほとんどのワインが輸入元参考小売価格の30%オフ。最大55%オフのものまである。

フロアに足を運ぶと。ブルゴーニュの老舗「アンヌ・フランソワーズ・グロ/ヴォーヌ・ロマネ オー・レア2015」が1万1600円→8120円。新世代スーパースター生産者と称される、アルロー(ブルゴーニュ)の近年稀にみるヴィンテージ「シャンボール・ミュジニー2016」が1万3500円→9450円。さらに、シャンパーニュは約10種、3250円~とくれば...、ワイン・ラヴァーには垂涎もの、そして大人買い必至である。実際、取材中も30歳代、40歳代のビジネスマンやOLが、カゴ一杯にワインを購入している光景が見られた。

写真左より。
●アルベルト・グラス2018リースリング(ドイツ/ファルツ)2400→1680円。
●ロウワー2015ヴィオニエ(カリフォルニア/ソノマ)2900→2030円。
●クロ・デュ・ヴァル2017ジンファンデル4100→2870円。
●ブルゴーニュ・コート・ドール2017フィリップ・シャルロパン(フランス/ブルゴーニュ)5300→3710円。
※商品は売り切れ次第入れ替わる。

世界につながる流通網の、
刺激、活性化の一端に。

アウトレットのスタートは、2020年8月。もちろん社主・鷲谷さんのアイデアだ。「例えばアメリカの大型ホテルの宴会場に納入される予定だったワイン、パリのレストランやビストロに納入される予定だったワインなどが、コロナ禍で大量に行き場を失っているようです。ホテルも、レストランも閉まってる訳ですから。すると生産者も困惑することに。2020年ヴィンテージのワインを醸造後、熟成させるタンクやスペースがセラー内にない、なんて状況さえ耳にします。シャンパーニュでは、葡萄の買い控えで、小さな農家が打撃を受けている、という話も。もちろん日本でも、良からぬ連鎖が。例えば輸入元が1・2月にヨーロッパから出した船が日本に着く頃(3・4月)は、コロナ真っ只中だったため、当初の販売予定が総崩れというケースも。そんな中で急速に増す、家飲み需要をより楽しんでいただくには?と考え、常設のアウトレットに踏み切りました」と鷲谷さんは語る。

つまり、日本から元を辿ると...。カリフォルニアやシャンパーニュの小さな生産者や、その向こうの農家にまでつながる、世界の隅々のワイン流通連鎖の刺激と活性化に、鷲谷さんのアイデアは一役買っているとさえ言えるのだ。
ちなみにアイテムは、鷲谷さん自身が、付き合いの長いワイン・インポーターに電話をかけ、「今、動かしたいアイテム、何かないですか?」とマメに仕入れ交渉(値段面も含め)を重ねる努力の賜物。本当は、もう少々値下げできるワインもあるそうなのだが「あまり値下げしすぎると、各ワインのブランドイメージを損なってもいけないので」と、業界全体にも配慮し、中之島店のみで行うからこそ、このアウトレットが成立するのだ。

そしてもう一点、感嘆させられるのは、アウトレットであっても、『ワッシーズ』の大きな魅力である"カリスマ・ワイン・カウンセラー"的な、接客とアドバイスは、通常店舗と同様なこと。ビギナーには「お寿司と焼き肉、どっちが好きですか?」等々の質問から、お客の嗜好を探って探って、好みに合う1本を探すのを手伝ってくれる。そのキメ細かさ、丁寧さは、"ディスカウント店"の想像を大きく越える。

少なくとも2020年末までは。仕入れが続けば年明けにも、続ける予定だというこの画期的アウトレット。ワイン好きや、家飲み派にとって、福音そのものであると同時に、ここに行くことが輸入元から世界の片隅の小さなブドウ農家を励ますことにさえなるという点でも、貴重な試みと言えるはずだ。
(撮影・文/寺下光彦)

店舗情報

【住所】大阪市北区中之島3-6-32ダイビル本館1F (※アウトレットフロアは、中之島店のみ)
【電話番号】06-6446-2000
https://wassys.co.jp/nakanoshima/

大胆割引きで世界の生産者を応援。
大阪『ワッシーズ 中之島店』の
ワイン・アウトレット

この記事をSNSでシェアする

大胆割引きで世界の生産者を応援。 大阪『ワッシーズ 中之島店』の ワイン・アウトレット

あわせて読みたい