特集

【レシピ付き】寄せ物 Vol.1 東京『日本料理 たかはし』

2022.07.18
会員限定
9
0
連載:特集

流し缶(流し箱)に、寒天やゼラチンなどの凝固剤を合わせた材料を入れ、冷やし固めて作る「寄せ物」。涼感ある見た目や、つるんとした喉越しなど、夏にこそ楽しみたい料理の一つです。今回は東京・京都・大阪の3軒3様の寄せ物をご披露いただきます。

一軒目は、東京の下町・森下にある『日本料理 たかはし』。カウンター10席の店内には、美味しいものを提供したいという主人・髙橋正司さんの気概に満ちています。東京の名店を経て、長く海外で磨いた腕を自由闊達にふるい、和食の基本を大切にしつつも、新感覚のアプローチでお客を楽しませます。「夏の翡翠ゼリー」は、リッチに旬のご馳走を寄せた一品。美しく仕立てるその技をご紹介します。

文:瀬川 慧 / 撮影:公文美和

東京・森下『日本料理 たかはし』髙橋正司さん作 
夏の翡翠ゼリー

「見た目にも美しく涼やかですから、蒸し暑い夏には旬の素材で仕立てるゼリー寄せをお出しします」と高橋さん。コースの幕開けのワクワクした華やぎを大切に、具材には旨みがある毛ガニや車エビ、食感のいい新レンコン、オクラ、ワカメといった甲殻類や夏野菜を彩りよく散りばめる。

具材の存在感引き立つ、リッチな仕立て

「具材の存在感を際立たせるため、ゼリー地は、カツオ昆布だしに薄口醤油・酒・みりんで気持ち薄めに調味し、彩りと共に味や食感のコントラストなどに配慮しています」。
車エビはさっとボイルして、食べごたえがある1㎝幅にカット。新レンコンは透明になるまで茹でてから角切りに。オクラは色よく塩茹でし、小口切りに。ワカメは戻して食べやすいように細かく刻む。具材それぞれの食感が際立つように、ゼリーは硬めに仕立てる。

流し缶は、始めから好みのサイズに仕切れるものを使用。具材をたっぷり入れても断面が美しく仕上がる上、均等に材料を配置することができる。日によっては、小さく仕切って固め、グラスで付き出しとして供することもあるそうだ。

仕上げには、たっぷりの生ウニをのせて贅を演出。後口をさっぱりさせたい場合は、くし形に切ったスダチを添える。「その場でお客さま自身に搾っていただくほうが、より清涼感が演出できるように思います」。

この記事は会員限定記事です。

月額990円(税込)で限定記事が読み放題。
今なら初回30日間無料。

残り:938文字/全文:1832文字
会員登録して全文を読む ログインして全文を読む
この記事をシェアする twitter facebook
コメント
0

この記事にはまだコメントがありません。
あなたの感想をぜひお寄せください。
会員機能について詳しくは「WA・TO・BIについて
をご覧ください。


無料記事

Free Articles

連載一覧

PrevNext

#人気のタグ

Page Top
今すぐ無料でお試し!

月額990円(税込)で限定記事が読み放題。
今なら初回30日間無料。