日本料理のことば

小倉【おぐら】─レシピ付き

2022.07.04
会員限定
1
0
連載:日本料理のことば

小倉は小豆を表す言葉で、お菓子の小倉餡、小倉羹(かん)などに倣(なら)ったといわれます。料理においては、小豆だけでなく、同じマメ科ササゲ属の豇豆(ササゲ)を加えた煮物を「小倉煮」と称するのが一般的。タコやトコブシなど、歯ごたえのある材料と一緒に煮たり、でんぷん質同士の相性の良さからカボチャや芋類と合わせたりします。雅で美しい響きの言葉ですが、そもそも、なぜ小豆=小倉なのでしょう? その謎を解くために、今回は和歌の世界へご案内します。

文:「辻󠄀静雄料理教育研究所」今村 友美 / 料理制作:「辻調理師専門学校」小川 健
撮影:東谷 幸一 / 協力:辻󠄀調理師専門学校
この記事は会員限定記事です。

月額990円(税込)で限定記事が読み放題。
今なら初回30日間無料。

残り:2414文字/全文:2632文字
会員登録して全文を読む ログインして全文を読む
この記事をシェアする twitter facebook
コメント
0

この記事にはまだコメントがありません。
あなたの感想をぜひお寄せください。
会員機能について詳しくは「WA・TO・BIについて
をご覧ください。


無料記事

Free Articles

連載一覧

PrevNext

#人気のタグ

Page Top
今すぐ無料でお試し!

月額990円(税込)で限定記事が読み放題。
今なら初回30日間無料。